百人一首 音読(全歌)51-100

百人一首の和歌を「古文」として「音読」しました
百人一首の和歌は、ふつう独特なリズムで「朗詠(読み上げ)」されます。カルタ遊びとしては、効果的な読みですが、和歌の意味を理解するには、あの音調は邪魔になります。一旦、和歌を「古文」に戻して、「音読」してみることをお勧めします。
区切り(止め)や音調を工夫し、イメージや心情が感じ取れるまで音読してみてください。下の音読を参考にして「自分の音読」を探してください。和歌は古文学習の原点です。このページを「スマホ」からアクセスすれば、いつでもどこでも練習が出来ます。

百人一首 音読(全歌)51-100

51 番歌 藤原実方朝臣

かくとだにえやは伊吹のさしも草 さしも知らじな燃ゆる思ひを

52 番歌 藤原道信朝臣

明けぬれば暮るるものとは知りながら なほ恨めしき朝ぼらけかな

53 番歌 右大将道綱母

嘆きつつひとり寝る夜の明くる間は いかに久しきものとかは知る

54 番歌 儀同三司母

忘れじのゆく末まではかたければ 今日を限りの命ともがな

55 番歌 大納言公任

滝の音は絶えて久しくなりぬれど 名こそ流れてなほ聞こえけれ

56 番歌 和泉式部

あらざらむこの世のほかの思ひ出に いまひとたびの逢ふこともがな

57 番歌 紫式部

めぐり逢ひて見しやそれとも分かぬ間に 雲隠れにし夜半の月影

58 番歌 大弐三位

有馬山猪名(ゐな)篠原(ささはら)風吹けば いでそよ人を忘れやはする

59 番歌 赤染衛門

やすらはで寝なましものをさ夜更けて かたぶくまでの月を見しかな

60 番歌 小式部内侍

大江山いく野の道の遠ければ まだふみも見ず天の橋立

61 番歌 伊勢大輔

いにしへの奈良の都の八重桜 けふ九重に匂ひぬるかな

62 番歌 清少納言

夜をこめて鳥のそら音ははかるとも よに逢坂の関は許さじ

63 番歌 左京大夫道雅

今はただ思ひ絶えなむとばかりを 人づてならでいふよしもがな

64 番歌 権中納言定頼

朝ぼらけ宇治の川霧たえだえに あらはれわたる瀬々の網代木(あしろき)

65 番歌 相模

恨みわび干さぬ袖だにあるものを 恋に朽ちなむ名こそ惜しけれ

66 番歌 前大僧正行尊

もろともにあはれと思え山桜 花よりほかに知る人もなし

67 番歌 周防内侍

春の夜の夢ばかりなる手枕に かひなく立たむ名こそをしけれ

68 番歌 三条院

心にもあらで憂き夜に長らへば 恋しかるべき夜半の月かな

69 番歌 能因法師

嵐吹く三室(みむろ)の山のもみぢ葉は 竜田の川の錦なりけり

70 番歌 良暹法師

寂しさに宿を立ち出でてながむれば いづくも同じ秋の夕暮れ

71 番歌 大納言経信

夕されば門田の稲葉訪れて 蘆のまろ屋に秋風ぞ吹く

72 番歌 祐子内親王家紀伊

音に聞く高師の浜のあだ波は かけじや袖のぬれもこそすれ

73 番歌 前権中納言匡房

高砂の尾の上の桜咲きにけり 外山のかすみ立たずもあらなむ

74 番歌 源俊頼朝臣

憂かりける人を初瀬の山おろしよ 激しかれとは祈らぬものを

75 番歌 藤原基俊

契りおきしさせもが露を命にて あはれ今年の秋もいぬめり

76 番歌 法性寺入道前関白太政大臣

わたの原漕ぎ出でて見ればひさかたの 雲居にまがふ沖つ白波

77 番歌 崇徳院

瀬をはやみ岩にせかるる滝川の われても末に逢はむとぞ思ふ

78 番歌 源兼昌

淡路島通ふ千鳥の鳴く声に いく夜寝覚めぬ須磨の関守

79 番歌 左京大夫顕輔

秋風にたなびく雲のたえ間より 漏れ出づる月の影のさやけさ

80 番歌 待賢門院堀河

ながからむ心も知らず黒髪の 乱れてけさはものをこそ思へ

81 番歌 後徳大寺左大臣

ほととぎす鳴きつる方をながむれば ただ有明の月ぞ残れる

82 番歌 道因法師

思ひわびさても命はあるものを 憂きに堪へぬは涙なりけり

83 番歌 皇太后宮大夫俊成

世の中よ道こそなけれ思ひ入る 山の奥にも鹿ぞ鳴くなる

84 番歌 藤原清輔朝臣

長らへばまたこのごろやしのばれむ 憂しと見し世ぞ今は恋しき

85 番歌 俊恵法師

夜もすがらもの思ふころは明けやらぬ ねやのひまさへつれなかりけり

86 番歌 西行法師

嘆けとて月やはものを思はする かこちがほなるわが涙かな

87 番歌 寂蓮法師

村雨の露もまだ干ぬまきの葉に 霧立ちのぼる秋の夕暮

88 番歌 皇嘉門院別当

難波江の蘆のかりねのひとよゆゑ 身を尽くしてや恋ひわたるべき

89 番歌 式子内親王

玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば 忍ぶることの弱りもぞする

90 番歌 殷富門院大輔

見せばやな雄島の海人の袖だにも 濡れにぞ濡れし色は変はらず

91 番歌 後京極摂政前太政大臣

きりぎりす鳴くや霜夜のさむしろに 衣かたしきひとりかも寝む

92 番歌 二条院讃岐

わが袖は潮干に見えぬ沖の石の 人こそ知らねかわく間もなし

93 番歌 鎌倉右大臣

世の中は常にもがもな渚漕ぐ 海人の小舟の綱手かなしも

94 番歌 参議雅経

み吉野の山の秋風さよ更けて ふるさと寒く衣打つなり

95 番歌 前大僧正慈円

おほけなく憂き世の民におほふかな わが立つ(そま)にすみ染の袖

96 番歌 入道前太政大臣

花さそふ嵐の庭の雪ならで ふりゆくものはわが身なりけり

97 番歌 権中納言定家

来ぬ人を松帆の浦の夕なぎに 焼くや藻塩(もしほ)の身もこがれつつ

98 番歌 従二位家隆

風そよぐ楢の小川の夕暮は 御禊(みそき)ぞ夏のしるしなりける

99 番歌 後鳥羽院

人も愛し人も恨めしあじきなく 世を思ふゆゑにもの思ふ身は

100 番歌 順徳院

百敷や古き軒端のしのぶにも なほ余りある昔なりけり

a:4855 t:1 y:1